【FileMaker】複数パラメータを引数としてスクリプトへ渡す※フィールド値可

【FileMaker】複数パラメータを引数としてスクリプトへ渡す※フィールド値可

皆さんこんにちは、やまさきです!

FileMakerで各種ボタンもしくは、スクリプトから複数の値を引数として渡したい時、どうしようかなぁ?

と思いやってみた事をちょっとココでまとめておきたいと思います。

引数を渡すときにしたいこと

  • 複数の値を同時に渡せる
  • フィールド内の値も渡せる
  • どのスクリプトからも参照出来る

とまぁこんな感じかなぁと思っていて、ではどうしたかですが。

処理の概要

  1. 複数の引数はカンマで区切って、「*」で引数行を終了する
  2. フィールド内の値を渡したい場合は”#TableName::FiealdName”というように#+テーブル名+フィールド名のように#を付けてフィールドを指定する
  3. 引数格納処理スクリプトで、グローバル変数に繰り返しで各値を代入していく
  4. グローバル変数にアクセスして任意の引数を取り出す

具体的な例とスクリプト

1.呼び出し元のスクリプト

呼び出し元のスクリプトは単純で、引数を指定して、「引数をグローバル変数に格納」スクリプトを呼び出すだけです。

引数の指定の仕方は以下の通り

引数をグローバル変数へ格納するスクリプト

引数格納スクリプト

コメント:「カンマで区切られた引数パラメータ1行分取込み」の行

上記の処理の部分では、引数の1行分つまり「*」までの引数パラメータを変数に格納しています。
この処理をもう少し上手く変更すれば複数行のパラメータを分けて処理することも出来ます。

コメント:「カンマで区切られた各要素を繰り返しグローバル変数へ格納」の行

ココでは実際にグローバル変数に、引数のカンマで区切られた各要素を格納する処理を行います。

#付きの要素はそのフィールドの値を取得します。

サンプルファイルダウンロード

サンプルファイルをダウンロードしていただけます。

このファイルを使用したことによるいかなる損害も制作者は負いません、自己責任の上ご活用いただきますようお願いいたします。

関連記事

URL :
TRACKBACK URL :

気軽にコメントお願いいたします!

*
*
* (公開されません)

フェイスブックでもコメントお願いいたします!